三国亭

今宵はミナミの老舗の中華料理の名門のお店へ
場所は日本橋駅から堺筋沿いに道頓堀川を渡って直ぐ東へ曲った辻に有ります


入ってビックリ
ちょっぴり細い通路を過ぎると活気ある厨房とL字のカウンターが
そして、その後ろには待ち合わせ用の席が

この日は3組ほど先客がおられました

 

30分ほど待っただろうか?やっと順番が廻ってくる

先ずは瓶ビールで一献

良く冷えていて美味しい

この瞬間、一番待った甲斐があったと感じる瞬間

 

このお店で最初に注文が必須であろう

胡瓜の一本漬

 


そして待ち合わせ中に何人前か聞かれる名物の餃子

この日は遠慮気味に2人前

パリッと焼きあがってそのまま食べるのが良いかも

 

そして、この豚天が絶品

今迄食べた事のある豚天の中では秀逸デス

 

  

フヨーハイ = かに玉  は玉子のふわふわ感も良く

具や餡も絶品デス

 


鶏のレモンソース

鶏の唐揚げにレモンの酸味が効いた餡のかかり瞬殺でございました

いや〜 これも凄いですね〜

 

    

そして、〆に選んだのが、エビチャーハン

パラ度抜群 醤油加減もサイコーです

 

ビールと中華をたらふく楽しませていただいた後、セイロン茶のポットサービス

これもお客にとったら、本当に嬉しい

 




こちらのお店で修行されて独立されたお店 ブーニーズなど名店が多くあります

また、訪問してメニューを食べ尽くしてみたいですね

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中