日松亭

IMG_1368.JPG

西成は大阪でも独特の文化が今でも色濃く残る
その昔、外食が盛んでなかった昭和30・40年代でも、たこ焼きやホルモンをはじめ安くて美味いものが数多く食されていたそうな

中でも洋食が凄く美味しい店が多かったらしい
この地では醤油や味噌といったものがデミグラスソースに用いられる事が多く
西成でしか味わえないとか
西成の大衆洋食、黄ぃそばを一緒に出す浪速区の大衆洋食
この辺りの大衆洋食店を好んで食べ歩きしている今日この頃

今回は阪堺電車今池駅から道路を渡り商店街へ入ってすぐのところにあるこちらのお店
そうです「にっしょうてい」と読みます


IMG_1382.JPG

IMG_1383.JPG

店内にはボブマレーをはじめとするレゲエがずっとBGMで流れる
明るく清潔な店内で、洋食の香しい油の匂いが漂うのがたまらない

 

IMG_1369.JPG

先ずは、400円の生ビール中で一献

 

IMG_1371.JPG

そしてオニオンスープが運ばれてきます
これは別にオーダーしなくてもメインの洋食についていました

 

IMG_1372.JPG

ポークチャップには別皿のサラダも付属

 

IMG_1373.JPG

これだけで晩酌というのも健康には良いのかも(笑)

 

IMG_1374.JPG

そしてメインのポークチャップは鉄板に乗せられジュージューと

 

IMG_1378.JPG

デミグラスではなくトマトケチャップベースのソースが肉の下に敷かれた玉葱との相性が本当にイイ感じ

 

IMG_1379.JPG

肉厚でたまらない豚肉はやはり鹿児島県産のようです
 

 

IMG_1377.JPG

そして、コチラが日松亭のトンカツ

IMG_1381.JPG

IMG_1380.JPG

こちらも分厚い肉厚のロース
トンカツの衣もシッカリしている

西成ご出身の方なら、大抵ご存知の日松亭
ここから、すぐ近くにも同じ日松亭がある
そちらは見るからに老舗と分かる店舗だが、まるで味が違った

詳しく、ご主人に聞いてみると、ご主人の先代のご兄弟がやっているそうな
こちらの日松亭は代変わりした際に、店舗を建てかえて今のような綺麗な店舗に

同じく近所にあった南自由軒は、昭和町に移転してリボーンという名で洋食屋さんを続けておられるが、こちらの日松亭さんは生まれたこの西成の地でこれからもしっかり大衆洋食を伝えてほしい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中