餃子の店 もも

IMG_1447.JPG

IMG_1448.JPG
昭和町の餃子の名店 もも

昭和町は不思議と「もも」と縁が深い
桃が池、桃山学院高校、ハイヒールももこ…

店名の「もも」の由来は同じかどうかよく分かっていません(笑)

IMG_1449.JPG
お持ち帰り用の窓口もあります

中で食べるのと同じお値段
生も焼きもあります

「やってますー」の木札も嬉しい
因みに裏返すと「ちょっと待ってね〜」

この辺りにもご主人の茶目っ気があらわれています

IMG_1450.JPG
ももはカウンター7席だけのお店です
ご夫婦二人でしっかりおもてなし出来る最大の人数なんだと思います

それだけに入れなくなるお客さまには最大限の気を使っておられます
4名以上の予約を断られる事が多いですし
貸切に至っては定休日の水曜日を薦められる

IMG_1478.JPG
ご主人は器楽奏者であり、オーケストラで数々のコンクールで入選されてきた経歴の持ち主で店内には、その栄光の写真が飾られている
店内はいつもご主人の大好きなクラッシックがBGMで流れています

IMG_1452.JPG
七つあるカウンター席は一列に等間隔に配置されており、高めの椅子はボルト固定され動かすことが出来ない
そのカウンターの間隔は絶妙であり、知らない方が横に座っても気にならないしお友達であっても喋りやすく親近感を感じる
カウンター越しの厨房はオープンキッチンとなっており、客席より低めになっていてお客さまを見下ろす事がないように計算されている

IMG_1451.JPG
ここ数年 殆ど変わることがないメニュー
餃子の他に面白いメニューが色々と用意されている
私は既に全メニュー制覇しているが、このお店で一番高額であるヤムウンセンは予約が必須となっている
但し、辛いものがお好きな上級者のみにオススメしたい

この他、メニューにないサービス品が色々と用意されている

IMG_1453.JPG
ももでの私の鉄板は生ビール
エビスの琥珀が年中飲める

IMG_1454.JPG
IMG_1455.JPG
ここの生ビール
暫くおいておくとビール上面のきめ細かな泡が活性化して溢れそうになる
これが生ビールの醍醐味だろうなぁー

この他、ベルギー産の瓶ビール、ワイン、日本酒、焼酎とご主人がチョイスされた銘柄のみ提供されている

IMG_1456.JPG
ビールと会話を楽しんで暫くすると
注文しなくても着席と同時に焼き始める
餃子1人前10個がちょうど焼きあがる

IMG_1457.JPG
餃子は大阪名物の一口サイズ
10個あるが女の子でもサクッといただけるだろう
具は季節により、ちょっとづつ変えられているようだ
ニンニクも国産に拘っておられる

IMG_1458.JPG
この季節 秋の訪れを感じるこの時期のみ生酢橘が提供される
勿論、こちらは徳島産である

IMG_1460.JPG
調味料は酢橘の絞り汁、ももオリジナルの辛油、醤油
私の場合、醤油は殆ど使った事がない
この日は生酢橘があるので、絞り汁も不要で

IMG_1459.JPG
ももの餃子には酢橘が一番
柚子、カボス、レモンなどで食べ比べさせてもらったがやはり酢橘の圧倒的勝利

IMG_1461.JPG
IMG_1462.JPG
ここの辛油はご主人お手製の辛味が強くてしつこくなくて香りも楽しめる

IMG_1463.JPG
餃子と同時くらいに提供されるひとつ目のサービス品 野菜スティック
勿論、初訪問の時からかかさずサービスしてもらっています

IMG_1464.JPG
野菜スティックを食べた後、残った塩で餃子をいただくのもこれまた格別

IMG_1468.JPG
次にオーダーしたのが水茄子もみもみ
お母さんの手揉み加減が絶妙です

IMG_1465.JPG
IMG_1466.JPG
鶏皮湯引き
ポン酢でサッパリといただきます
薬味のネギも良いアクセントで

IMG_1475.JPG
変な奴
これは話のネタに頼んでみてください
ここでは写真のみと言うことで

IMG_1472.JPG
甘藍焼き
いわゆるキャベツ焼きで肉などの具は一切入っていません

IMG_1473.JPG
甘藍焼きの真ん中を割ると玉子の黄身がドワ〜っと

IMG_1470.JPG
IMG_1471.JPG
胡椒蒸し
これもまたご主人が丁寧に仕込む豚肉の逸品
ポテトサラダも付いています

IMG_1476.JPG
この日、ご主人とジャイケンして勝っていただいた戦利品のセンベイ

IMG_1477.JPG
〆のデザートとしてイチジクをサービスいただきました

ご主人は永年某百貨店のバイヤーをされていた経歴の持ち主で時々非常に珍しい食材を見つけて来られることも
この日は、同伴いただいた女子軍にはご主人のなぞなぞが馬鹿受けでした
美味しい楽しい もも
ご主人夫婦にはいつまでも健康で頑張っていただきたい

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中